Hero

事業内容BUSINESS

HOME ⟩ 事業内容

TRADE建設機械売買(新車・中古)

幅広いお客様のニーズに合わせて建設機械の新車や中古車を選定して販売します

もちろん販売して終わりではなく、建設機械たちが働き続けられるように定期検査を行い、不具合などが起きた場合もスピーディーに対応することでお客様の生産性の向上に貢献します。新車だけでなく中古車もご要望に応じて取り扱いがあります。また、不要になりました中古車の査定・買取も行っております。

  • 安心のサポート体制

    新車の販売だけではなく、建設機械の買い取り、中古車販売やレンタル、サービスと総合的に展開しつつも、地域密着のサポート体制にこだわり、お客様にスピーティーかつ的確でご満足いただけるように全力で活動することをお約束します。

  • 働きものの建機たち

    長時間稼働、高温環境下、寒冷環境下など建設機械の置かれている環境は過酷です。そんな環境において大切なのは建設機械が動き続けられること。福島建機が選ばれ続ける理由は販売に終わらない先を見越したサポート体制にあります。

  • 買い取りも相談できる

    中古建設機械を有効的に利用することは、建設機械を使用する皆様のコストを軽減するだけでなく、地球環境保護にも大きく貢献します。福島建機は長年培ってきたノウハウに加え、販売の在庫リスクを持たないことによる管理コストの削減によって、高値買取を実現しています。売却をご検討の際は無料で査定をいたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

    各種ラインナップについては以下サイトをご参照下さい。
    日立建機日本株式会社

RENTAL建設機械レンタル

新車と見間違えるほどにしっかりと整備された建設機械でスピーディーに対応します

建設機械が、多くの台数が必要になったとき、スポットで一定期間のみ必要になったとき、普段使用しない建設機械が急遽必要になったときなどお客様のニーズに合わせてしっかり対応します。まずは私たち福島建機にお客様の状況などをお気軽にご相談ください。

  • 外見だけでごまかさない

    丁寧に洗車し塗装を塗り直せば、パッと見は新車のように見えます。しかし、それでは生き返らせる整備には程遠いのです。建設機械の数ある部品の一つ一つは非常に繊細で、ちょっとした見落としが修理困難な故障の原因につながります。高いコストパフォーマンスを生み出すのは丁寧な整備。福島建機の得意分野なのでご安心ください。

  • スピーディーな対応

    万が一機械が止まってしまうと、現場の作業が中断し、計画が大幅にずれてしまう危険性があります。大事なのは未然にトラブルを防ぐこと、その上で起きてしまったトラブルには即対応すること。お客様の現場を守ることが私たちの喜びです。

  • 総合取り扱いならではのレンタル

    建設土木現場で使用する小物機械から大型機械、特殊アタッチメント仕様機、さらに環境リサイクル機まで豊富なレンタル商品でお客様のニーズにお応えします。機種・装備によりレンタル料金が変わりますので、詳細は最寄りの支店または営業所までお気軽にお問い合わせください。

    各種ラインナップについては以下サイトをご参照下さい。
    日立建機日本株式会社

SUPPORTサポート

福島建機の最大の武器は高い技術力。十分に行き届いた整備が機械をフル稼働させます

どんなに優れた機械でも壊れてしまっては全く役に立ちません。そんなときは福島建機にお任せください。万が一の場合も高い技術力ゆえにスピーディーな修理対応でいち早く現場復帰が可能です。私たち福島建機はお客様に安心、便利、信頼を提供するた めに日々技術力の向上に努力し、人材育成にも力を注いでいます。

  • 人を育てること、お客様を守ること

    福島建機が最も注力することの一つが人材育成です。社員研修や キックオフ会議などを行い、理念の浸透や一人ひとりの成長テーマを定めることに時間と情熱を注いでいます。社員が育つことは、お客様を守ることに直結していると信じてこれからも社員育成に取り組み続けます。

  • メーカー問わずあらゆる整備に対応

    簡単な作業から高度な整備まで、旧型から最新モデルまで、日立建機の製品をはじめ、メーカーを問わずあらゆる整備まで。私たちは常にお客様のニーズにお応えする総合修理工場です。工場での修理はもちろん、お客様からのご要望があれば現場に駆けつけ、お客様のそばでしっかり対応させていただきます。

  • 特定自主検査の対応

    建設機械やフォークリフト等において事業者 は年に1回、有資格者による 自主点検が義務付けられています。福島建機は労働法令で定められた検査業者 そして有資格者による検査代行を行っております。

    詳しくはコチラ:建設荷役車両安全技術協会(SACL)

CONSULTING
ICT施工コンサルティング

作業効率・生産性、社員への賃金、会社の利益を飛躍的にアップさせる「ICT」をお客様のニーズに合わせてご提案します。

2016年国交省は、建設業界における諸課題を解決するため、i-Construction(アイ・コンストラクション)という生産性革命プロジェクトを始めました。これは、測量から設計、施工、検査、維持管理に至る全ての事業プロセスでICTを導入することにより建設生産システム全体の生産性向上を目指す取組みです。

i-Construction の肝となるICT施工とは、情報通信技術(Information and Communication Technology)を用いて、生産性の向上や品質の確保などを実現するシステムです。具体的には、CIM(3Dモデルと仕様などの属性情報を一貫して管理する情報システム)やドローン、ICT建機の導入などが挙げられます。

これまでの建設業界では、人の目と手に頼って多くの工程が進められてきました。工事のあらゆるプロセスにICTを導入することで建設現場の労働生産性を向上させるのみではなく、人手不足の解消や、3K(キツイ・汚い・危険)から新3K(給料が高い、休暇が多い、希望がある)への変革をもたらすことが可能です。

  • 人口減少や高齢化に伴う労働力不足の解消

    ICTの導入により、生産性向上による省力化が期待できるほか、経験の浅いオペレーターや女性でも施工が可能となります。団塊の世代といわれる55歳以上の熟練技術者が定年を迎えたとしても、ICT機器の扱いに慣れた若手の人材が、熟練技術者の穴を埋めることが期待されます。

  • 生産性向上、労働環境の改善、利益アップ

    現場をICT化することで、作業工程の短縮化と資材購入費のコストダウンが実現します。それに伴い作業効率・生産性の向上、人件費・経費の削減による賃金アップが期待でき、会社の利益アップにも大きく貢献します。また、施工時期が標準化され、繁忙期が分散するため休暇もとりやすくなるというメリットがあります。

  • 安全性の飛躍的向上、事故ゼロへ

    作業員の身の安全や体調不良は、本人が気をつけていても、周囲が注意したとしても、人間である以上限界があります。ICT化することでヒューマンエラーが起こる確率を減少させましょう。危険度が高い現場に優先的に導入することをお勧めします。

  • お客様のイノベーションのサポート

    どんな仕事であっても人を相手にする以上アナログが生命線なのは大前提。アナログが大事だからこそデジタルの力を徹底的に利用すべきです。デジタルの本質の一つは「同じ作業を今までより短い時間でできるようになる」こと。時間短縮によって生まれた余白を活用することがイノベーションに繋がります。私たちはお客様の状況に合わせ、単なる技術支援にとどまらないイノベーションのサポートを行います。

CLOUDクラウド業務支援システム

リアルタイムでの状況把握とデータ分析、問題解決を実現。
不安や疑問をしっかりと解消しながら最適なご提案をします。

「クラウドの導入を検討しているがどうすればよいのか分からない」「どうしたらクラウドのメリットを最大に活かしてコストの最適化ができるのか悩んでいる」。そんなときは私たち福島建機にお気軽にご相談ください。豊富な経験とノウハウをいかしてお客様の課題を可視化し、最適解をご提案します。

  • いつでもどこでも一元管理

    クラウドによってドローンやICT建機から得た3次元の設計データや施工履歴データを一元管理することができます。さらにパソコンやスマートフォンなどの端末とインターネット環境があればいつでもどこでも最新の情報にアクセス可能となり、作業効率や生産性の大幅アップにつながります。

  • 「見える化」でコストや無駄を削減

    クラウドによってデータを一元管理することで、様々なデータが可視化されます。例えば建設機械をレンタルした場合、各機械の稼働状況をクラウド上で集中管理することで必要台数や所要時間が可視化され、必要な建設機械を必要なときだけレンタルすることが可能となります。施工においても現場の状況を見える化することで作業の効率化や生産性の向上を実現し、お客様の経営効率の向上に貢献します。

  • 戦略立案、導入、活用支援まで
    トータルサポート

    お客様の解決したい課題によって最適なシステムは異なります。福島建機ではお客様が何にお困りかを丁寧にヒアリングし、不安や疑問をしっかりと解消しながら、ご要望に応じてクラウド戦略の立案から導入の推進、活用支援までしっかりサポートさせていただきます。

DEVELOPMENT
新規事業開発

デジタルとアナログを組み合わせて新しい価値を創造。
お客様の現場の課題解決に貢献します。

以前の建設業界はとにかくアナログでしたが、情報通信技術の活用によって深刻な人手不足の解消や生産性の飛躍的向上、環境負荷の低減等が期待されています。変化が必要なのは建設業界に限りません。私たち福島建機は、デジタルを活用した新事業の創造や既存ビジネスのデジタル化、アナログとデジタルの融合を通してお客様をサポートします。

  • 働き方の改善

    世の中には素晴らしい技術があるにも関わらず、システムがアナログなために苦しみながら働く人がいたり、本来の力が発揮できていない状況が数多く存在します。アナログだった建設業界に変革が訪れたように、今苦しんでいる業界もテクノロジーの力を活用することで働く人の負担削減や、より柔軟で無理のない働き方を実現することが可能です。。

  • 業務効率化とイノベーション

    システムをデジタル化することで生産性や作業効率の向上、コスト削減などが可能になるほか、業務プロセスが可視化されることで課題の発見が容易になる等のメリットがあります。テクノロジーを導入することで浮いた人件費や労働時間は売上に直結する部門や、人と人とのあたたかなコミュニケーションが必要な分野に配分することが可能となります。感性やアイディアが必要とされる本質的な部分に経営資源を集中させることで、イノベーションが生まれる余地が大幅に広がることが期待されます。

  • 変化を恐れず、柔軟に

    現代は技術の急速な発展や不確実な社会情勢などの変化が激しく、社会やビジネスにおいて将来の予測が非常に困難になっています。こうした状況は「Volatility(激動)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(不透明性)」の頭文字をつなげたVUCA(ブーカ)と称されています。VUCAの時代に生き残るには今までのやり方や常識を疑い、変化を恐れず柔軟に対応していく姿勢が必要です。私たち福島建機も福島や建設といった枠にとらわれず、お客様の課題解決や社会貢献のために努力と挑戦を続けてまいります。

Copyright (C) 福島建機株式会社 All rights reserved.